大佐、独立からのブログ。

ダンスチーム『バガボンド』代表。ギャラリースペース『水色画廊 』アクセサリーブランド『GraffitiJewelz』代表。絵も描いてます。 『大佐』でソロダンスもやってます。

【メモ】2019/07/19~22のメモまとめ (2400文字)

2019/07/19~22のメモまとめ 2400文字

f:id:TAISA:20190806180522j:plain

七輪の貸し出しサービス
共同マガジン計画
新聞の在り方
人口の変化予測は精度が高い
三四郎
DJ社長のパワハラドッキリ
小倉祇園を奏でるロボット
初の参議院選
青じそドレッシング
新しいブルーカラー
ネット村社会
将来は高いところに住む
・ただのメモ

 

七輪の貸し出しサービス

www.toretoreichi.com

大阪の堺市の港で、七輪の貸し出しサービスがあるらしい。
そしてそれが大受けしているらしい。

周辺で売られている海産物を買い、
その場で焼いて食べる、。

新鮮なうえ、体験的にも楽しいだろう。

こちらでいう、牡蠣小屋?を連想した。

火気の管理問題があるかも知れないが
唐戸市場にもそんなサービスがあると、
なま物が苦手な人とも楽しめていい気がした。

共同マガジン計画

今やっているこのメモブログ

この形式は、あまり書くことに困らない。
他人にとって、直接メリットのあるコンテンツでも無いが、。

しかし、この形を7人で運営すれば、
かなり充実した読み物になるイメージが湧いた。

参加者にとってもリズムができるし、
このメモブログは、
”書くために日々を充実させたい気持ち”を生みやすい。

数人でやれば、モチベーションの維持にも
貢献しそうだ。
新聞の在り方

新聞(新聞社)の在り方が変わってきた昨今。

最近知って、顕著だと感じたことは
情報、報道のスピード感の変化である。

遅くなったのだ。

それは相対的なもので
SNSの速度が速くなったがために、
新聞、ネット新聞(新聞社)が最速でなくなった。

そこで、逆に
クローリングサービス(SNSを追いかける)などから
情報を買っている形になっている部分があるようだ。

つまり、報道機関的機能は
特別でなくなってきている面があるわけだ。

そういった、思いがけない変化が
イノベーションによって引き起こされている。

人口の変化予測は精度が高い

未来予測の話をするとき、
材料として扱うべきは”出来るだけ精度の高い推移予測”である。

その一つに、人口の推移があるようだ。

人口の年齢層分布の推移はほぼ確実だし、
(そのまま年を重ねるため)
増減も予測しやすい。

個人的に、あまり意識したことのない内容で
ハッとさせられた内容である。

三四郎

youtu.be


これは芸人さんの方ではなく、
夏目漱石 著の文学作品のことである。

これも、中田敦彦YouTube大学にて
初めて内容を知ることになったのだが、

やはり時代背景、心情が内包された作品の
タイムカプセル感たるや。

そこは、掘り下げて解説してくれていたから
知ることができた内容ばかりであるが、、、

純愛文学、明治時代のトレンディ作品。

stray sheep.

DJ社長のパワハラドッキリ

個人的には、ドッキリ自体が嫌いで
嫌悪感すら覚える(例外がないかは自信がないが)

だからこの件に関しても、単純に不快感を覚えた。

ただ、それを除けば
新時代のエンタメであるとは理解できた。

今までテレビ越しに
壮大なドッキリを仕掛けられる芸人を見て
楽しんでいた人々。
モニタリング!を見て
笑っていた人々。

それが大量の人間(Twitter中心)を
対象としたものになっただけである。

扱った内容が”パワハラ”という
時代を刺したワードであったことが刺さりすぎて、
その経験がない人々のやり場のない衝撃によって
炎上こそしたものの、
お茶の間で見ているドッキリコンテンツと同じである。

小倉祇園を奏でるロボット

mainichi.jp


安川電機さんが製作した太鼓ロボット。

これが細かいプログラミングと相まって
3体で小倉祇園を奏でるパフォーマンスが披露された。

個人的に、
人の手の温もりや質感こそ大切にしていそうな世界観に
ロボットががっつり介入する様子が好きだ。

”感覚”と形容されたブラックボックス
数値化される科学的な様子が
逆に人間の英知を感じるからかも知れない。

平家音頭、平家太鼓も
ロボットが演奏する日が来ないだろうか。

初の参議院選

初めて参議院選挙の投票へ足を運んだ。

公民館で投票したのだが、
ネット投票が追加されない理由がいよいよ不明になった。

セキュリティはあって無いようなものだった、
間違いなく代行ができる。

それはそうと、
投票することによって、
個人として政治的にポジションを取った感覚が生まれた。

これが大切な一歩だと思う。
青じそドレッシング

www.rikenvitamin.jp


私は、理研ビタミン株式会社の
ノンオイル青じそ というドレッシングを
20年以上使っている。
(各メーカーの青じそドレッシングを試したが
全くもって替えがきかない。)

これは好みの問題なので大した話では無いが

刺身、焼肉、野菜炒め、サラダ、豆腐。

上記すべて、このドレッシングで食べる。
(絶対では無い)

このドレッシングがなくなってしまう未来をイメージすると
おそらく私は生きていけないだろう、。
(ただでさえ偏食なのに、食に関する選択肢が激減する)

心配せずとも、大人気商品である。
今後ともお世話になります。

新しいブルーカラー

マイルドヤンキーという言葉が流行ったが
そのマイルドヤンキーは、
新しいブルーカラーであると言い換えることができる。

すると、新しいホワイトカラーに当たるものは
何になるのだろうか?

ちなみに一昔前のホワイトカラーは、
サザエさん一家や、クレヨンしんちゃんの家庭である。

そうするに、
共働き、共家事タイプの家庭が
新たなホワイトカラーに当てはまってきそうだ。
ネット村社会

現代のネット社会は、
監視のし合いによって、村社会化している。

せっかくグローバルにつながっているのに
結局監視されている以上、
普段のキャラを守ることになりがちなのである。

匿名性の話が出る裏で、
こんな悩みもあるようだ。
将来は高いところに住む

今、10階建て県営住宅の6階に住んでいる。

それゆえ、
ゴキブリ、ムカデなど
地を這う害虫に出会うことがほぼ無いままに
大人になってきた。

そしてとある情報によると、
ビルの10階以上は、
蚊すらほぼ皆無だそうだ。

害虫と縁の無い暮らしがしたい。

私は高いところに住むことを
硬く決意した。

ただのメモ

KPI(key performance indicator)重要業績評価指標
造詣が深い(ぞうけい)